忍者ブログ
うつ治療中の管理人みかんの通院日記や日常など。ホォムペェジもよろしくです
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あたしは家族があまり好きではなかったので、このブログに家族のことを書くことはあまりありませんでしたが、ついに病気のことを告白しなければならなくなりました。
休職と帰省のためです。




この間親父についにメールで弱音を吐きました。


もう会社つらい
やめたいじょ






だいぶ遅れて返信がきた


「やめたいならやめて帰ってこい疲れたなら23日休み取って酒でも飲んでれ電話よけせ」

(23日ってのは2~3日のことらしい)
(“よけせ”は“こ”まで待てなかったらしい)



「お前メールだけでなく電話したらでれやお父さんこれだけのメールつくるのに5分以上かかるのだたまに声だして馬鹿話しないと人間おかしくなるぞ」




もうおかしくなってますが…


「何か食べたいものないか」



あたし返信

「杏仁豆腐」






メールは続きませんでした(笑)





今日はおかんから電話がありました。

「あんた会社つらいんだって?」

「誰から聞いたん!?」

「お父さんが前メールきたって」

いや~そりゃないしょや、おかんには秘密だって言ったべさ~と思いながら話を続ける、ってか方言丸出しですね(笑)

「それいつ聞いたの」

「昨日。あんたこっち帰ってきたりしないの?」

今日課長に親父かおかんどっちかに会社に来てほしいと言われていたので、もうこんちくしょーと思った

「うんーあのね、うつ病で休職して帰って入院するから」

「ふーん、ああそうなの」
あれ、思ったよりドライな反応だな

「お母さんなんとなく気付いてたけどね」

「なんで?」

「なんとなく」

「なんで先にお父さんに連絡したのさ?」
「お母さんが悪いんでしょ?」

そこは…お姉ちゃんもとかいろいろとかなんとか言っといた

「なんでわかったん?」

「なんか薬飲んでるのはわかってたけどね~痔の薬とかって隠してたけど」


ああ、あはは、そんな事件もありました





「じゃあどっちが岡山に行くか決まったらメールするわ、じゃーね」

「じゃーねばいばーい」









入院のことも、「部活の先輩が入院してて、よくなったんだってー」と言ったら、あぁそーぉ?
みたいな感じでオッケーになりそうです




きっと、
あたしはこれで、
もう良い子でいなくてすむ。

頑張ったね、あたし。





余談

「豆腐食べたいなら食べなさい」

「えー豆腐とか食べたくないーなんでー」

「だってお父さん杏と豆腐が食べたいって言ってたって」



杏仁豆腐じゃ!!!怒
PR
お風呂場にこもってリストカットしていたら、職場の女の先輩からメールがきました。
「早退したって聞いたけど大丈夫?
今何してる?」

それで、
お風呂場で手首切ってました。
救急車ってどれだけ切ったらよんでいいんですかね?
と生真面目に返信してしまいました。


そうしたら電話がきて、救急車を呼ぶかもしれないという話になり…汗

家に工場長と先輩がやってきました。


そしてそのまま病院へ…

今回のアムカは傷は長くないのですが、同じ傷をちょこちょこ切っているうちに血がぶわっと出たので静脈切れたかもです。
いや、切れてないかな?
それは病院の先生には聞けませんでした。

消毒して、縫うのじゃなくてテープで止めるだけの治療ですみました。
それから化膿止めが2日分。
なんだか大げさな感じです。
いつもならセロハンテープで貼ってグウスカ寝てますからねー。

でも先生が優しくて泣きそうになりました。涙

それから、先輩と工場長の優しさにも。

だけど、気ィ張らずに一緒に頑張ろうって言われたけれど、あたしはその期待に答えられるのだろうか。
そんなに強くないんですよ。あたし。


今日はお昼はあっと言う間にすぎたけれど、夜はなんだか長い、おかしな1日でした。


それにしても大げさだなこの包帯は…;




今日の昼におばあちゃんが亡くなったそうです

クリスマスイヴとかネタになりすぎてマジで笑えねーっつーの


ははは






膵臓癌なんて大嫌いだ
会社の人がやさしい。
いろいろアドバイスしてくれる。

でも、「病院変えてみたら?」っていうのが多い。

なんでだろう…。

内科とかならいいかもしれないけれど、
精神科って変えたら治療がまた1からやり直しになってしまうし。。。

薬に頼らないほうがいいってのも多い。


でもなんか、んー、なんだろう…
うまく言えないけれど、



やっぱり苦しみは理解されないのかもね。


逆に不安になっちゃうよ。
あたしは今まで人の顔色ばかりうかがって生きてきた

ちょっとくらい、わがままでちょうどいいのかな、なんて、仕事中に考えてた



食欲ないや

あはは




このまま、流れ流されて、生きていくのかなぁ
あたしは強がることしか知らない。


二兎追うものは一兎も得ずだピョン♪



あたしは追いかけすぎて、結局何も手にすることができなかった。
そしてそれは今でも変わらないんだ。


欲しいものが多すぎた(笑)




嘘ついてごめんね。

仕事できなくてごめんなさい。

しつこくてごめん

わがまま言ってごめん

ごめん


ゴメン




みんなに謝って、嘘ついて、強がって、それで本当にみんながしあわせになれると思っているの?
だから友達いないんだよ。
ばーか バーカ


馬鹿ばっか






わがままだけど、今ひとつだけなにかもらえるなら、すべてを失いたい。

そしたら失う悲しみなんて、なくなるもんねー?
コブナガさんからのメールで目が覚めた。

内容は1行だけだった

「ぶーちんが亡くなった」

すぐエロ掲示板に行って確認。

どうやら本当のようです。


あなたが亡くなった時間に、きっと日本のみんなは欽ちゃんを応援していたよ。

あたしもお風呂で最後のほうだけちらっと見た


頑張れ
頑張れって
あたしはあなたには言わなかった
もうそんなに頑張っているのにね?
応援するとかなんか違うよね。


11月、あたしはきっと21歳になる
あなたは二十歳のままなんだね。
なんかちょっとくやしいな。


ごめんなさい、うまくまとまらないや。



最後に電話できて嬉しかったょ。ありがとう。

故人の、御冥福を、お祈り致します。
ぶーちんの掲示板見ていたら、居たたまれなくなって、電話した。


「くつうをけいぞくさせるにすぎないえんめいちりょうしょちをちゅうししてください」


あたしのおばあちゃんは、胆汁を出す管の手術が終わったらあとは延命治療だけになるから、近く退院するそうです。


延命治療。
意味、あるの?



ワンピースを送ってくれたときに、書いてあった電話番号。

今本人がケータイ持っているのか、
つながるのか、
わからないけれど、
とにかくかけてみた。
電話嫌いのあたしが。


つながらない。



はぁ、と思ってぶーちんの掲示板眺めていたら、その番号からワンコールあった。

即かけなおした!


最初は意識が朦朧としているのか、あたしが誰なのかすぐにはわからなかったみたい。

てゆか、息も切れ切れ、声をやっと出していると言った感じだった。

ときおり幻覚が見えるのか、突然「この いっぱい いるの 何?」と言っていた。


こんな姿見られたくない、
生きてる意味ない、
と。


つらいよね、ぶーちん、おうち帰れないの?


帰ったら、ママが、大変だから。
ママが、全部しなきゃ、いけないから。



自分がそんな状態になってまで、家族の心配なんて。

「生きることは、こわい、けど、みかん、は、生きなきゃ。
自分で、自分を、傷つけたり、したら、だめだよ。」

「うん、わかったよ。
あたしとも指切りしてくれる?
約束、するよ。」

「100歳まで、生きてね」
「うん、生きるから。ありがとう」

ぶーちんと話せてよかったよ。

ありがとう。

お互いに、言った。

でもありがとうの大きさ、きっと違った。


昨日の分の涙が、全部、出た。

「泣いちゃ、だめだよ」

「うん、泣かない。笑うよ。」



笑うよ。

アホかってくらい、いい天気。



「死ぬのは、しょうがない。」


そうだね。今まで、頑張ったもの。

あたしは、生きなければ。



昨日、あたしに眠たくなる魔法かけたの、あなたでしょう?


それから、あんなところに電線たくさん張ったのは、H電力で働いている内○KFCでしょう。



みんなであたしが死なないようにしてくれてるのね。





100歳まで、生きよう。
たとえ死があたしの脳を支配したとしても。

生きる恐怖で狂ったとしても。

そのときは、きっと、今より上手に、みんなに助けてって言うから。

ひとりじゃ生きていけないから。

さみしいって
正直に、言うよ。

言っていいんだよ、みかん。




だって、約束、したんだもの。
今日は部活にちらっと顔を出して、

サキちゃんと恋問館までデートしてきました。


鮭一匹まるごと干したトバとかジンギスカンキャラメルとかいろいろおみやげを買って、

あと、asidasとまりもっこりも買って、

あ、でかい板ガム、やっぱりありました。


それからいろいろ語りながら豚丼を食べましたー。



なんかねー、サキちゃんとは本当に友達っぽいって思うよー。
今日は楽しかったよ。

楽しい。

こんな感じなんだなやっぱり。


豚丼多かったけど、ちゃんと食べれたし!!




帰りに霧フェスティボーの準備場にちらっと顔出して、
懐かしい知り合いといろいろいっぱい話をして、


それから、おかんに迎えに来てもらっておばあちゃんの入院している病院に行きました。

なんか、思ったより、やつれてた。

やつれてたっていうか、黄疸が酷くて、腹に管入れて胆汁出してるんです。
肝臓に負荷がかかるから(? よくわかんない…)塩分と脂肪はいっさいダメ。
もう骨と皮だけみたいになってた…。

意外と元気だって聞いてたから、見たときなんとなくショックだったです。


明日もお見舞い行ってから帰りまふ。
みんなー、コメント返信したよー!
見てね見てね!!


えーと、就職してからずっとメールしてた友達♂がいました。
ちょっとかっこいい人ですー。
でもあたしはサッカーより野球の方が好きですー。

病気のこととか知ってて、いつもあたしの心配をしてくれて、一度あたしがブッ壊れてメール送ったときも、暖かく見守ってくれました。

でももうあたしは人を傷つけたくないからさよならしたのです。
何度も、あたしとのメール楽しいから、メールしようぜって、理解してほしいことがあるなら理解するよって、言ってくれて。

でも、メール来ないと不安になったり、メール来ないかなって寝付けなかったり、メールしたくて夜更かししちゃったり。
きっとまたあたしは派手に壊れるんです。
人を壊すほど力があるって自分では思っていなかったけれど、きっとまた傷つけてしまう。
病気治すんだ。
恋なんかできないんです。

とりあえず普通の人になるです。
好きな色は先になくなってしまうです。
大切なものは暴れて壊さないように、遠くに置いておくです。


ごめんね、ありがとー。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
清き一票
ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ぽちっとな

1日1クリック有効
プロフィール
HN:
江田みかん
年齢:
33
HP:
性別:
女性
誕生日:
1986/11/09
職業:
牛乳屋
趣味:
いたづら
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ある男の子の物語
あし@
忍者ブログ [PR]